妊活サプリ『マカナ』の効果を産婦人科の医師に聞いてみた!

子供を授かりたい…そんな想いで妊活をしていた32歳の主婦です。

現在は2人の子供を授かることができて日々子育てに奮闘していますが、以前は本格的な不妊治療を受けようか迷っていました。

ここでは私が実際に妊活の際に飲んでいた「マカナ」の効果について、産婦人科の医師に聞いた、このサプリを飲む意味をご紹介します。

また不妊治療のうち特定不妊治療の助成が受けられる特定不妊治療助成金指定医療機関に行き聞いた内容をご紹介します。

マカナの体験談やレビューなども掲載しますが、それはそこまで重要ではありません。現役の医師の先生に聞いた内容を踏まえ、解説していきます。

私が妊活サプリ「マカナ」を飲むようになったきっかけ!

一人目がなかなかできず、一度は妊娠したものの子宮外妊娠でした。最初はすぐに妊娠して子供を授かれるだろうと思っていましたが、お門違いでした。

最初は生理周期を測って大体のタイミングで子作りをしていたのですが、全く妊娠できず。次に基礎体温を計るようになりましたが、これはとても難しく、生理周期がバラバラな私には無理でした。

毎日朝早く起きて基礎体温を測るのも大変で・・・この頃はまだすぐに出来るだろうと思っていました。

でもいっこうに妊娠せず・・・費用面では少し高くつきますが、排卵検査薬を購入してタイミング法をやるようになりました。

排卵検査薬は結構高額でだいたい12本入りで5000円ぐらいします。でも本格的な不妊治療よりは圧倒的に費用の負担は少なく済みます。

これでタイミングを計っていましたが、それでもなかなか妊娠せず。でも怖がりな性格もあって本格的な不妊治療に進む勇気が持てませんでした。

そんなとき、ネットでたまたま見つけたのが妊活サプリの「マカナ」です。かなり人気が高い商品みたいでレビューもたくさんありました。

最初は半信半疑だったのでこれでホントに子供ができるのか、正直疑っていました。ただ、評価が高いという理由で購入しました。

不妊治療専門医の医師に話を聞くことになった!

私の友人で有名な不妊治療の病院に行っている子がいました。私が元いた職場の後輩です。

妊活のことで相談するようになり、その子は有名で人気が高い不妊治療の病院に通っていました。そこの医師の先生がとても気さくで良いお医者さんらしく、以前から一緒に行こうと誘われていました。

何度もいろいろな妊活といわれる方法を試してもできなったこともあり、試しに話だけ聞こうと一緒についていきました。でも実際に不妊治療を受ける気はありませんでした。

ちょうど妊活サプリの「マカナ」が自宅に届いたばっかりだったので、それも持参して持っていきました。

そこで医師の先生から聞いた内容はとても驚くべき内容で、とても参考になりました。

私:よろしくお願いします。今はまだ本格的な不妊治療をする気はないのですが、相談したくて来たのですが大丈夫ですか?

医師:こちらこそよろしくお願いします。全く問題ありませんよ。

私:今は排卵検査薬を使って、いわゆるサプリメントを飲んで妊活しようと思っています。この方法だと妊娠できそうですか?

医師:まず本当に不妊になっているのか、女性ではなく男性が問題ではないのか、など検査によってある程度原因はわかります。ただ、それらは検査が必要です。それをせず、不妊ではない前提でお話すると、それでも十分妊娠できる可能性はあります。

排卵検査薬はいつ排卵が起こるかがある程度わかります。目安として次回の生理の14日前と書かれているものが多いですが、生理が終わってすぐに排卵が来る女性もいます。もし費用面で問題がなければ、生理が終わってすぐから検査を開始された方が逃さずに済みます。サプリメントに関してはどのようなものかわからないので何とも判断はできません。

私:実際にそのサプリメントを今日持参したのですが、見て頂けていいですか?

医師:大丈夫ですよ。・・・・葉酸サプリの摂取は厚生労働省も推奨していて、これなら十分な量が摂れるので大丈夫ですよ。

私:このマカナというサプリで妊娠できる確率は上がりますか?マカという成分が主原料だと思うのですが・・・

医師:それはエビデンスがないので何とも言えません。厚生労働省にはマカの成分によるデータも存在します。しかし、それは男性に対する効果効能であって女性に対する信頼性の高い情報ありません。

私:じゃあ飲んでも意味ないですか?

医師:そんなことはありませんよ。妊娠の確率を上げるのは根拠がないですが、葉酸やその他にも妊娠初期に必要な栄養素がたくさん含まれています。特に葉酸は妊娠が発覚してからでは遅い、妊娠初期の段階で必要になるものです。これは厚生労働省や日本先天性異常学会も声明を出していて、赤ちゃんの先天性の異常を軽減する科学的根拠が実証されています。

私:食事からの摂取で葉酸は摂れますか?

医師:それは難しいと思います。

私:妊娠がわかった後も飲んで大丈夫ですか?

医師:葉酸は妊娠してからも摂取が必要です。もちろん、先天性異常を軽減するのは目的ですが、それ以外にも葉酸は妊婦さんにとって必要です。それを考えると飲むのは問題ありません。ただ、マカ自体はエビデンスが不確かです。また妊娠中期以降は鉄分が不足します。それを補えるだけの栄養素が必要です。それも踏まえ、時期に合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

妊活のことはやっぱり専門家の医師に聞いてよかった

自分だけで悩んでいましたが、何か答えがでたような気分でした。

病院は特定不妊治療の助成が受けられる特定不妊治療助成金指定医療機関に指定されているので、私と同じような悩みで来院されている方がたくさんおられました。

私はずっと不妊治療をするのが怖かったですが、やっぱり専門家の医師の先生にアドバイス頂けたのは大きかったです。

かなり質問攻めをしてしまいましたが、先生は快く教えてくださいました。特にその医院で治療をしようと勧められることもなかったので、余計に信頼感をおぼえました。

先生にはもし半年挑戦してみてダメだったらまた来ます、とだけ告げて帰りました。

今回聞いた内容はこれから妊活サプリ「マカナ」を購入される方に必ず参考になる内容です。

相談内容がたくさんあったのでここにまとめます。

  1. 生理が終わってすぐに排卵が来る場合もある(排卵検査薬で把握する)
  2. マカには妊娠確率を上げるエビデンス(科学的根拠)はない
  3. 妊活成分ではなく、葉酸などの妊娠に必要な栄養素が含まれているかどうかが重要
  4. 妊娠初期の段階での葉酸摂取は厚生労働省も推奨している
  5. 食事から妊娠時に必要な400μgの葉酸を摂取するのは難しい
  6. 妊娠初期以降も妊婦にとって葉酸は必要な栄養素!中期以降は鉄分の補給も大切

1.生理が終わってすぐに排卵が来る場合もある

これは個人差があるようですが、一般的には排卵から次の月経までの期間は、ほんどの女性が2週間ぐらいです。

例:生理周期が28日の方

生理の長さが7日の場合、排卵日から次の月経まで14日かかるので、生理直後から7日たったら排卵が起こる計算になります。

でもこれは生理周期が整っている方に限ります。

たいていの場合は生理周期が30日や32日など、個人差があるのでざっくりとした計算でしかわかりません。よほど生理周期が整っている方でない限り、計算だけで排卵日を予測して子づくりするのは無理でしょう。

ではどのように計算して排卵日を予測するのがいいのか。

それは排卵日直前直後の基礎体温の変化を測るのが一番です。生理直後から排卵日までは基礎体温が低下します。そして次の排卵前になると基礎体温が上がります。これを毎日測って計算します。

これに合わせて排卵検査薬を使うとさらに排卵日予測に確実性が出ます。排卵検査薬は少し値が張るので毎日使う場合は費用面が大変です。

ただ、不妊治療の医師の先生曰く、生理後すぐに排卵が起こる女性もいるとのこと。それを予測するために排卵検査薬を生理後すぐに開始して、自分の体がどのような状態で生理周期を迎えているのか知るのがまず大事みたいです。

メモ:これはあくまで私が不妊治療をしないと仮定して医師の先生がアドバイスしてくれた内容です。不妊治療の場合はさらに詳しくタイミング法を実施していくようです。

2.マカに妊娠確率を上げるエビデンス(科学的根拠)はない

これは信頼性の高い研究機関である国立健康・栄養研究所が発表している内容です。

俗に、男女ともに「強壮作用がある」と言われ、健康な男性では一部に有効性を示唆する情報もある。安全性については、信頼できるデータが見当たらない。

[inyou]国立健康・栄養研究所「マカ」[/inyou]

妊活サプリの多くに配合されている成分のマカ。当然ながら、妊活サプリ「マカナ」にも配合されています。

マカと聞くと”女性のバランスをサポート”というイメージがありますが、このように断言できるだけの科学的根拠はありません。

サプリメント(健康食品)の世界基準であるナチュラルメディシンデータベース(アメリカ)にも以下のように記載があります。ちなみにこれは効果として認められているかどうかの指標です。

  • 科学的データが不十分である:女性のホルモンバランス、月経不順、不妊症
  • 有用性レベルB:男性の性欲を高める

全部で6段階評価のうちの最低ランクにあるのが「科学的データが不十分である」という評価です。つまり、世界基準で見ても女性の不妊症に対する効果は認められていません。

唯一認められているのが、上から3番目の評価の「男性の性欲を高める」です。

ただ、マカの中にはタンパク質やアミノ酸、カルシウム、ビタミンやミネラルといった様々な栄養素が含まれています。これをバランスよく摂取できるので摂る意味はあります。

でも期待するような妊活成分としての効果は認められていない状況です。

後に詳しく説明しますが、だからこそ専門医の先生はマカに着目するのではなく、妊娠初期に絶対必要な葉酸の重要性を私にアドバイスしたのだと思われます。

マカの配合量から見てもマカナは他のマカサプリと比較してなんら遜色ない内容です。アサヒやDHC、サントリーや小林製薬から販売されているマカサプリにも劣りません。

もっと高配合のものも存在しますが、エビデンスがないものをいくら摂取しても意味はないですし、過剰摂取による心配も出てきます。

マカナはマカサプリの中でも高品質なものだと言えるので、あとは葉酸サプリとして配合量が合格ラインにあるのかが問題になってきます。

3.妊活成分ではなく、葉酸などの妊娠に必要な栄養素が含まれているかどうかが重要

葉酸(Folic acid)は、ビタミンの一種です。葉酸は2種類に分類されます。

  • 食品中葉酸(ポリグルタミン酸型)
  • サプリに配合の結合した合成葉酸(モノグルタミン酸型)

食品中から摂れる葉酸の吸収率が良ければ、サプリメントも必要ないのですが、葉酸は水溶性のビタミンなので熱に弱く、食材を調理する際に失われる可能性があります。

ポリグルタミン酸型葉酸は、食品の調理や加工、胃酸環境下において糖やタンパク質がはずれ遊離します 。

引用元:国立健康・栄養研究所「葉酸の吸収や働き」

このような理由から、吸収率が良い合成葉酸(モノグルタミン酸型)を厚生労働省は推奨しています。つまり、葉酸は加工食品であるサプリメントからの摂取が必須となります。

その証拠に厚生労働省が発表している日本人の食事摂取基準には、

妊娠を計画している女性、または、妊娠の可能性がある女性は、神経管閉鎖障害のリスクの低減のために、付加的に 400μg/日のプテロイルモノグルタミン酸の摂取が望まれる。サプリメントや強化食品に含まれるプテロイルモノグルタミン酸の量。

引用元:日本人の食事摂取基準

ちなみに400μgとは普段の食事にプラスして摂取しなくてはいけません。国民健康栄養調査によると、女性の1日の野菜摂取量は20代で229μg、30代で240μgです。

4.妊娠初期の段階での葉酸摂取が最も重要!

葉酸の必要摂取量は時期によって変わります。

時期 20/30代の平均摂取量 推奨量 不足分
妊活中 235μg 天然240μg+合成400μg 天然5μg+合成400μg
妊娠初期 235μg 天然240μg+合成400μg 天然5μg+合成400μg
妊娠中期・後期 235μg 480μg 基本は食事+足りない分はサプリ
産後 235μg 340μg 基本は食事+足りない分はサプリ

20代、30代の葉酸の平均摂取量は235μgになります。これは普段の食事から摂取している内容です。

妊活中はそこにプラスして合成葉酸が400μg必要です。天然5μgに関してはそこまで問題ではありません。それよりも合成400μgの摂取が重要です。

厚生労働省では最低でも妊娠1ヶ月前からこの摂取量を満たすことが推奨されています。

なぜ1ヶ月前なのか。それは誰も妊娠した日がわからないからです。出産日から逆算してわかることはありますが、基本的に医師でも妊娠した時期はわかりません。

でも葉酸の摂取が最も推奨されているのはこの時期です。

これは厚生労働省が正式に「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」として通知を出しています。

なぜ、この時期に国の機関である厚生労働省が摂取を推奨するのか。それは赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを葉酸摂取によって軽減できるからです。

十分な量の葉酸を受胎前後にとることで、二分脊椎(せきつい)や無脳症などの神経管閉鎖障害になる可能性を低減できることが多くの研究で明らかになりました。

引用元:農林水産省「妊婦さんに大切なビタミン、葉酸」

葉酸のエビデンス(科学的根拠)は上から2番目で、医薬品の次に高い信頼性があります。

妊娠中期以降、後期や産後に葉酸はいらなくなる?

先ほどの表を見ればわかりますが、妊娠中期以降も葉酸は必要です。

妊娠中期、後期で平均摂取量の約2倍の480μg必要であり、産後も340μgと普段の食事だけでは全く足りていません。

主に以下のような目的で中期以降も葉酸が必要になります。

  • 妊娠中期・後期「貧血予防」
  • 産後(授乳期)「母乳を作る」

不足した分を食事で補うのが一番ですが、普段食べている量の2倍、もしくは1.5倍程度食事の量を増やすのは至難の技です

妊娠中は体重制限もある中で、出産の準備をしなくてはいけません。その状態で食事を増やすのは現実的ではありません。

だから吸収率の良いモノグルタミン酸型の葉酸が配合された葉酸サプリで簡単に摂取するのが一番です。

マカナや他の葉酸サプリにも配合されている葉酸は400μgです。この配合量は妊娠初期の必要量を満たすのが目的になっています。

ただ、中期以降は400μg摂ると普段の食事からの摂取で厚生労働省が推奨する数値を超えてしまいます。

でもこれは全く問題ありません。耐容上限量が決められていて葉酸は20代で900μg、30代で1000μgです。目安を守って飲んでいる限りは上限量までかなり余裕があるので問題ありません。

5.食事から妊娠時に必要な400μgの葉酸を摂取するのは無理!

妊娠時に必要な葉酸を食事から摂取できないのか。

もちろん私たちが普段食べている食品の中に葉酸は含まれています。

葉酸が多い動物性食品BEST3

100gあたりの葉酸
1位:鶏レバー 1300μg
2位:牛レバー 1000μg
3位:豚レバー 810μg
4位:うなぎ 380μg
5位:生うに 360μg

上位3つはレバーづくしです。それ以外にも生うに、うなぎが葉酸を多く含んだ動物性食品になります。

普段なら問題ない食品ですが、妊娠中にレバーやうにを食べるのは危険性があります。

注意ここから

レバーやうにには、ビタミンAの含有量が非常に多いです。妊娠中にビタミンAを過剰摂取すると胎児の奇形を生む原因になります。葉酸を摂取するのは胎児の先天性異常を軽減するためなのにこれでは本末転倒です。

注意ここまで

よって動物性食品から葉酸を摂取するのはおすすめできません。また、うにやうなぎなども高価な食材ですし毎日食べるのは無理だと思います。つわり中にこれらの食品を毎日食べるなんて・・・考えただけでもゾッとします。

食事から葉酸を摂取するなら植物性食品を選択するのが現実的です。

葉酸が多い植物性食品BEST3

100gあたりの葉酸
1位:菜の花 340μg(1/2束)
2位:モロヘイヤ 250μg
3位:ほうれん草 210μg(約3株)
4位:枝豆 176μg
5位:春菊 114μg(5株)

菜の花を毎日やモロヘイヤを毎日食べれば推奨量を満たせそうですよね。しかし、これは注意点があります。

これは全て”生のまま”で食べた場合の摂取量です。

葉酸は水に溶けやすく、熱に弱い水溶性のビタミンなので、保存が難しくすぐに失われていきます。調理せずに毎日生で食べれる人なんていないので、食材から毎日400μg摂取するのは不可能です。

ちなみに・・・

モロヘイヤは100gで250μgの含有量がありますが、茹でた状態だと約67μgに減ります。

このような理由から安定した吸収率がある葉酸サプリからの摂取を国も勧めているのです。

6.マカナで妊娠・妊活時に必要な栄養は満たせているのか?配合量の過不足について

私が相談した不妊治療の専門医の医師の先生はまず葉酸の重要性を教えてくれました。そして、妊娠時には葉酸以外にも必要な栄養素があるとアドバイスをもらいました。

では実際に妊活サプリ「マカナ」でどれだけの栄養素を補うことができるのでしょうか。

マカナは妊活サプリであり、葉酸サプリの役割もあります。ただ、もともとのコンセプトは妊活段階から飲むサプリメントです。

つまり、妊活期間用の葉酸サプリとして判断しなくてはいけません。この分野でマカナは最も人気で、支持を得ているサプリメントです。

それではマカナに配合されている含有量と、厚生労働省が推奨する推奨摂取量を比較してみましょう。

推奨摂取量 平均摂取量 マカナ 耐用上限量
葉酸(μg) 640 243 400 1000
ビタミンC(mg) 100 69 100 なし
ビタミンB6(mg) 1.2 0.95 1.8 45
ビタミンB12(mg) 2.4 4.3 15.0 なし
鉄(mg) 11.0 6.5 8.0 40
カルシウム(mg) 650 430 80 2500
ビタミンE(mg) 6.0 5.9 19.3 700

(※推奨量は厚生労働省の日本人の食事摂取基準から算出、平均摂取量は国民健康栄養調査から算出)

葉酸は100%合成のモノグルタミン葉酸なので問題ありません。厚生労働省の基準はクリアしています。

ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12に関しても平均摂取量に加えてると推奨量を満たせています。

また、鉄も十分満たせていあす。鉄は非ヘム鉄とヘム鉄があり、非ヘム鉄の大量摂取は不調の原因になります。ヘム鉄を含むサプリメントはほとんどなく、葉酸サプリの多くはこの非ヘム鉄です。

ただ、マカナは耐用上限量もしっかり守り配合されているので非ヘム鉄の過剰摂取の心配もありません。

カルシウムは80mgと少しすくないですが、妊活中にそこまで重要な栄養素ではありません。役割としては添加物(賦形剤)の割合を少なくするためにサプリに加えられています。

賦形剤ではなく、少しでも栄養が摂れるように配合された結果がこのような配合量になっていると推測できます。

このようにマカナは妊活段階から妊娠初期の葉酸サプリとしての条件をクリアしています。葉酸サプリの条件をクリアして、なおかつ妊活サプリやマカサプリとしての条件もクリアしているサプリメントは「マカナ」だけです。

また、購入の際に定期購入の縛りがある葉酸サプリ業界ですが、マカナは良心的ですぐに解約できます。

購入に対するハードルも低く、高品質なサプリメントなので人気が高い理由もうなづけます。

No.1妊活サプリ「マカナ」で授かりました!

妊活・妊娠の際に葉酸がどれだけ大切な栄養素で、葉酸サプリからの摂取が重要なのかわかっていただけたはずです。

私は不妊の相談で医師の先生に相談して様々なことを教えていただきました。

それ以降、マカナを飲むようになり、排卵検査薬を使って自分の体の調子を知ることで約3ヶ月後に無事妊娠できました。

マカナに妊娠の確率を上げる根拠はありませんが、葉酸サプリとしてわが子のために毎日飲みました。特に効果などはわかりませんが、無事に健康で生まれてくれたのが何よりの効果だと感じています。

妊活、不妊の影に隠れているせいか、妊娠初期の葉酸の重要性を知っている女性は多くありません。

しかし、妊娠女性の葉酸サプリメントの摂取は10-20%に留まり(5、6)、神経管閉鎖障害の本邦発生率は減少傾向が示されていません(3、7)。日本先天異常学会は、先天異常の発症リスクを低減する活動により、国民の健康と福祉に貢献したいと願っています。

引用元:日本先天性異常学会のメッセージ

厚生労働省が通知を出しているにも関わらず状況が改善されないために、先天性異常学会もメッセージを発信しています。

マカナを購入される方のほとんどは妊活中だと思います。マカの成分に着目して興味をもたれた方でしょう。

しかし、私が不妊治療の専門機関の医師に見せたところ帰ってきた言葉は「葉酸サプリとしてどうなのか」でした。

マカナは葉酸サプリ、マルチビタミン・ミネラルサプリ、マカサプリ、妊活サプリの4役を担う優秀なサプリメントです。

それを踏まえた上で、妊娠初期にこそ必要なサプリメントだとわかった上で購入しましょう。