マカナを飲むべき時期について

サプリを飲む女性

妊活をサポートしてくれるマカナ。日本産マカを使用し、妊娠に役立つ葉酸やその他さまざまな栄養素を豊富に配合しています。

そのため、現役産婦人科医も推奨するほどの効果を実感できると多くの女性から支持されており、妊活を頑張っている女性の強い味方といえるでしょう。

さて、気になるのが「マカナを飲む時期」です。サプリメントなのでいつ飲んでも問題ありませんが、せっかくならより効果的な時期に飲みたいところ。

1日の目安量は4粒ですが、前述のとおりサプリメントなので飲むタイミングについては記載されていません。

もっとも効果的な「飲むべき時期」を知って、しっかり効果を高めましょう。

マカナはいつから始めるべきなのか?!妊活と葉酸摂取が目的!

マカナの1日に飲む目安量は4粒です。先にも述べたようにサプリメントなので「絶対にこのタイミングで飲まなければいけない」という決まりはありません。

しかし、少しでも効果を高めるなら飲み方を工夫することでメリットになるでしょう。

そもそも、マカナのような妊活サプリメントは妊娠前に飲むのが基本です。

いわゆる不妊に悩んでいる方のためのサプリメントですから、妊娠後に飲んでもあまり意味がありません。

むしろ、妊娠後は必要となる成分量が異なりますから、妊娠前から飲みはじめるのがベストでしょう。

いつでも飲んでも良いというのは、朝昼晩のタイミングです。妊娠後は医師の相談のもと、摂取してください。

ちなみに、妊娠1ヶ月前から摂ると良いと言われている葉酸の量は「400μg」。マカナにはこの量をしっかり含んでいます。

マカやルイボス茶などの妊活成分は必須ではないが、葉酸摂取は国が推奨している!

妊活成分というと葉酸を思い浮かべる方が多いと思いますが、マカやルイボス茶など他にもいろんな成分が挙げられます。

スムーズに妊娠するには、女性ホルモンの正常な分泌が求められます。そのためには、妊活に必要な成分が欠かせません。

妊活成分は男性と女性で必要なものが異なりますが、女性の場合先ほど述べたマカやルイボス茶をはじめ、タンポポやヘム鉄なども効果的です。

マカには月経サイクルを整える効果があり、乱れたホルモンバランスも調整・改善してくれます。

ルイボス茶は、抗酸化作用のある成分で、排卵や着床機能を改善します。ビタミンやミネラルも豊富に含まれていることから、非常に栄養効果が高いと言えます。

ヘム鉄は、黄体ホルモンを活性化し女性に多い貧血を予防することができます。鉄の中でも吸収が良いため、妊活には普通の鉄よりもヘム鉄が効果的でしょう。

しかし、これらの成分よりも効果が高いのが「葉酸」です。マカやルイボス茶などは必ずしも摂取しなければいけない成分というほどではありませんが、葉酸は妊活中はもちろんのこと、妊娠中も必要になります。

厚生労働省も、妊娠前からの摂取を推奨しており、決められた量を毎日しっかり摂ることで妊活でプラスに働いてくれるでしょう。

本来は妊娠前から始めるべき!先天異常のリスク回避のために(厚生労働省・先天異常学会も推奨)

考える女性

葉酸は、妊娠前・妊娠後どちらも必要です。しかし、本来は妊娠前から始めるのが良いと言われています。

妊娠前から摂取することで赤ちゃんの先天障害を予防できるからです。ひと口に先天障害といっても種類はさまざまですが、もっとも多いのが「神経管閉鎖障害」です。

胎児の神経管が正常に作られず、重い障害を残して産まれてきます。障害が現れる場所によって名称は異なりますが、怖いのが脳に起こった場合で、「無脳症」といい、死産か短命がほとんどです。

そういったリスクを避けるためにも、妊娠前後の葉酸は欠かせないでしょう。

日本では、2000年頃から厚生労働省も推奨しています。普段の食事に加え、葉酸サプリでリスクを回避しましょう。

先天異常とは「神経官閉鎖障害」葉酸の摂取によってリスクが70%近く低減できる

妊娠中に葉酸が不足すると、先にも述べたように「赤ちゃんの先天障害」を引き起こすリスクが高くなります。日本では2000年頃から厚生労働省も葉酸の摂取を勧めており、今では「妊娠に欠かせない栄養素」として多くの人に知られています。

そのため、葉酸を含んだ妊活サプリメントも増えてきました。

先天障害とは、言葉のとおり先天的に起こる障害です。胎児のときにすでに悪影響を受けて産まれてきていますから、最悪の場合は死に至るケースもあるでしょう。葉酸が不足した場合の先天障害は「神経管閉鎖障害」が多いですが、脳に起こった場合は無脳症、脊椎に起こった場合は二分脊椎という名前がつけられます。

葉酸を必要量摂取すると、このリスクが70%近く低減できるといいますから、ぜひ積極的に摂ってください。

厚生労働省が推奨する量は400μg!葉酸は食事で摂取できないのか?

葉酸は、ただ摂れば良いというわけではありません。むしろ目安量以上を摂りすぎるのも良くないと言われています。また、葉酸は食品にも多く含まれています。肉類・魚類・野菜・果物など、普段口にする食事で簡単に摂れますから、工夫しながら摂ることでバランスが取れるでしょう。

ちなみに、食品に含まれている葉酸はポリグルタミン酸と呼ばれるものになります。一方で葉酸サプリメントはモノグルタミン酸。ポリグルタミン酸はモノグルタミン酸に変化して吸収されますから、食事でもサプリメントでもどちらで摂っても良いでしょう。

しかし食事の場合、1日の摂取量が分かりにくいという欠点があります。サプリメントなら目安量が決まっているので、厚生労働省が推奨している400μgも摂取しやすいでしょう。

葉酸がたくさん摂れる食品一覧

食品でも手軽に摂れるのが葉酸です。では、どんな食品に葉酸が多く含まれているのでしょうか?葉酸は、主に動物のレバーに多く含まれています。しかし肉類以外にも、魚介類や野菜、果物などにも豊富に含まれており、バランス良く摂ることでしっかり葉酸を摂取できるでしょう。

肉類では先にも述べたようにレバーがもっとも葉酸を多く含んでいますが、魚介類・海藻類ではたたみいわし、桜エビ、海苔、しらすぼしなどに、野菜ではほうれん草、ブロッコリー、菜の花、パセリ、枝豆などが特に豊富に含まれているでしょう。

果物は、ライチ、なつめ、いちご、ラズベリーなどに豊富です。また卵(卵黄)やチーズにも含まれています。チーズは加熱殺菌されたものが特に葉酸が多いでしょう。

食品から摂れるのは天然葉酸(プテロイルポリグルタミン酸型の葉酸)!実は吸収率が50%を切る!食事からでは十分に摂れない。

葉酸には、ポリグルタミン酸とモノグルタミン酸の2つの種類があります。ポリグルタミン酸は正確には「プテロイルポリグルタミン酸」といい、天然葉酸で食品から摂れるのが特徴です。一方でモノグルタミン酸は成分調整されたもので、サプリメントなどに主に使われています。

安全性が高いのは食品に含まれているポリグルタミン酸ですが、実はこのポリグルタミン酸は吸収率が50%を切っており、妊娠前後には十分な葉酸を補えないと言われています。

一方でモノグルタミン酸は吸収率が70%と高く、必要量を十分摂ることができます。

葉酸を摂るうえで大切なのは「きちんと吸収すること」。どんなに天然の葉酸といっても、不安定で吸収率が減るポリグルタミン酸は妊娠前後には不十分と言えます。そのため、サプリメントでもモノグルタミン酸がおすすめです。

「成分調整されたものを妊娠中に飲んでも問題ないの?」と不安な方もいると思いますが、妊娠中でも安心して飲めるように設計されているので心配いりません。実際、厚生労働省も推奨していますし、妊娠前後に必要と言われている葉酸をしっかり摂ることができます。

ちなみに、妊娠前は1日440μg、妊娠中は2倍の480μgの葉酸が必要になります。

諸外国では葉酸サプリの摂取は必須となっている!

葉酸サプリは、諸外国では必須と言われています。またサプリ以外でもアメリカなど80か国以上の国は穀物に葉酸が添加されており、日常生活で当たり前のように葉酸を摂取しています。

そのため、葉酸サプリも日本に比べいろんな種類が出回っていますが、日本では必要最低限な葉酸をきちんと摂取できていない方が多い傾向にあります。

要するに葉酸不足が多く、二分脊椎で生まれる赤ちゃんが1万人に5人程度もいると言われています。諸外国では、積極的に葉酸を摂取するようになり発症率が減っていますが、日本はまだまだ横ばいです。

ですから、葉酸サプリで妊娠前後に必要な量をしっかり摂るように心がけましょう。

日本でも葉酸の摂取は必須!母子手帳にも葉酸の重要性は記載されている

近年は、日本の産婦人科医も不妊治療をしている方や妊娠中の葉酸摂取を勧めています。そのため、少しずつ葉酸サプリも増えており、ひと昔前より十分に葉酸を摂取できるようになりました。

また、母子手帳にも葉酸の重要性が書かれていますから、それくらい妊娠前後に欠かせない成分なのでしょう。一度、自分の母子手帳を確認してみてください。

しかし、大切なのは摂ることよりも「必要量摂取すること」です。というのも、葉酸は先にも述べたように妊娠前と後では必要量が異なります。また妊娠前に十分に摂ることが求められますから、妊娠してから飲みはじめるのは手遅れです。

これらを意識しながら、葉酸を必要量摂るようにしましょう。

厚生労働省は吸収率の良い合成葉酸(モノグルタミン酸型の葉酸)を400μgの摂取を食事以外から推奨する!(サプリで摂る)

葉酸はポリグルタミン酸とモノグルタミン酸に分類されるのが分かったと思いますが、厚生労働省が妊娠前後に推奨しているのは吸収が良いと言われているモノグルタミン酸です。ポリグルタミン酸が天然葉酸であれば、モノグルタミン酸は合成葉酸になります。

しかし吸収率が高いため、妊娠前後にはポリグルタミン酸よりもモノグルタミン酸のほうがしっかり葉酸を摂取できるでしょう。またモノグルタミン酸を含んでいるサプリメントは厚生労働省が推奨している1日400μgを摂取できます。

もちろん食事から摂るのも大切ですが、妊娠前後はモノグルタミン酸を意識しましょう。マカナなら400μgの葉酸が含まれているので安心です。

マカナはいつまで飲むべきなのか?時期別まとめ

マカナは、妊娠を望んでいるママに必要な葉酸を十分に含んでいる妊活サプリメントです。サプリメントなので飲むタイミングは自由ですが、葉酸サプリメントの場合は「妊娠前」に摂ったほうが良いと言われています。

飲みはじめるのは妊娠の1ヶ月前からがベストですが、妊活をはじめた時期からでも構いません。妊娠中は体質が変わりやすいので一度医師に相談することをおすすめします。また神経管が発達するのは妊娠3週頃と言われていますから、それまでに十分な葉酸を摂る必要があります。

「いつまで飲んだら良いの?」と疑問に感じている方も少なくないと思いますが、もっとも必要な時期は妊娠前~妊娠3週頃までですので、その間に十分な葉酸を摂取すると良いでしょう。

【大前提】厚生労働省調べ1日の摂取量平均!20代は234g、30代で243g、40代で253g。推奨量の350gには全く足りていない。

驚く女性

葉酸は水や熱に弱い成分で、きちんと保管できていない食品は葉酸が壊れてしまい効果が半減してしまうと言われています。たとえば陽の当たる場所に食品を3日間放置した場合、7割近くの葉酸が破壊されます。

冷蔵庫での保管も長期間置いておくと葉酸が壊れるので気をつけてください。また調理するときも水で流さず長時間の過熱も避けましょう。これらを守って野菜や果物を摂取すれば、1日に必要な葉酸を十分摂ることができます。

ただ厚生労働省が発表した日本人の1日に摂取する野菜の平均量は20代:234g。30代:243g、40代:253g。1日に必要な野菜や果物は約350gと言われていますから、不足しているのが分かります。

妊娠前・妊活段階での摂取について。

葉酸は食事でも摂ることができますが、先にも述べたように不十分で必要量を摂取できません。ですから、バランス良くしっかり葉酸を摂るには「葉酸サプリメント」が効果的です。しかし、葉酸は妊娠前と妊娠段階で摂取量が違いますので事前に知っておきましょう。

妊娠前、いわゆる妊活中は妊娠の1ヶ月以上前から摂りはじめるのが基本です。摂取量は640μg。これは推奨量(240μg)と付加量(400μg)を合わせた量で、妊娠前ほど多くの葉酸が必要になると言われています。

妊娠初期も妊娠前と同じ640μgを。中期は480μgと少なくなります。後期も同じ量を摂取しますが、産後はさらに少ない340μgを。ちなみに、付加量というのは食事以外で摂るべき栄養素で、いわゆるサプリメントなどで摂る量を指します。

先天異常のリスク回避のために摂取するべき!モノグルタミン酸型の葉酸は400μg必要!

妊娠前の葉酸がいかに重要であるかが分かったと思いますが、それは赤ちゃんの先天異常を避けるためです。葉酸が不足した状態で妊娠すると、先天異常で障害を持つ子供が産まれる可能性があり、そのリスクを避けるために葉酸は欠かせません。

ポリグルタミン酸とモノグルタミン酸では吸収率の高いモノグルタミン酸が必要不可欠ですが、摂取量は400μg。マカナをはじめ葉酸サプリメントには1日に必要な葉酸は400μg十分含んでいるので、安心して妊娠前後を過ごすことができるでしょう。

400μgは厚生労働省も推奨していますから、絶対に摂らなければいけない量になります。(参照:妊婦における付加量設定に当たっての留意点)

【補足】神経官閉鎖障害は妊娠超初期(4週頃)に起こる!妊娠0週は医者もわからない!だから妊娠前・妊活から葉酸を摂取する!

神経管閉鎖障害の怖いところは、発症する場所によって死に至る可能性があるからです。それを予防するのが葉酸ですので、妊娠前は特に意識して摂らなければいけません。なぜなら、神経管閉鎖障害のリスクが高まるのが妊娠超初期と言われているからです。(参照:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について)

いわゆる妊娠4週頃から起こると言われているので、妊娠前から摂ることで予防できると言われているのでしょう。「妊娠してから摂っても良いのでは?」と思う方もいると思いますが、妊娠0週は医者も分かっていない方が多いため、妊娠してからよりも妊娠前の葉酸摂取を推奨しているのでしょう。

妊娠1ヶ月以上前からがベストですが、妊活を決意したときから摂っても構いません。

妊娠初期での摂取について

葉酸は、妊娠初期から胎児の生育に使われると言われています。そのため、妊娠前から摂取したほうが良いと言われているのです。では、妊娠初期である0週~4ヶ月に必要な葉酸の量はどれくらいでしょうか?

葉酸摂取量は妊娠時期によって変わりますので、意識して摂る必要があります。妊娠初期の場合、640μgがベストです。そのうち、推奨量は240μgになり、付加量は400μg。付加量というのは食事以外で摂る葉酸のことで、代表的なものにサプリメントが挙げられます。

もちろん、妊娠初期だけ摂れば良いわけではありません。妊娠中期・後期も必要ですし、産後も葉酸が必要になるでしょう。

妊娠前と同様に先天異常のリスク回避でモノグルタミン酸型の葉酸は400μg必要!つわり(悪阻)による葉酸不足も補うのも目的!

葉酸が必要になるのは妊娠前だけではなく、妊娠中でも葉酸は欠かせません。先にも述べたように、妊娠初期は妊娠前と同じ640μgの葉酸が必要になります。そのうち付加量として摂らなければいけないのが400μgです。

400μgはモノグルタミン酸型の葉酸が効果的で、いわゆるサプリメントで摂ることができます。むしろ食事でこの量を摂るのは難しいでしょう。またつわりできちんと食事ができない場合でも、サプリメントなら水で飲むだけなので葉酸不足も補えます。

400μgは厚生労働省が推奨していますから、妊娠前後はしっかり摂らなければいけません。ですからサプリメントはおすすめです。

妊娠中期・妊娠後期の摂取について

では、妊娠中期や妊娠後期はどうでしょうか?何度も述べていますが、葉酸は妊娠前と妊娠初期だけ摂れば良いものではありません。摂取量は減りますが、産後まで摂取しなければいけない成分です。

妊娠中期は5~7ヶ月頃を指します。神経管閉鎖障害のリスクは妊娠初期が高いと言われていますから、特に葉酸が必要になります。中期に入るとリスクが減りますから、葉酸の量も軽減します。480μgを推奨量240μg+付加量240μgで摂取しましょう。

ほとんどの葉酸サプリは厚生労働省が推奨している400μgが配合されているので、量の調整が必要です。後期は8~10ヶ月を指し、葉酸の量は中期と同じ480μg必要になります。

理想は食事で摂取!でも現実は不可能!最低でもサプリから240μgの摂取が必要(上限は1000μg)

葉酸の摂取は、できれば食事が良いでしょう。それは、食事から摂る葉酸は「天然葉酸」だからです。しかし現実では1日に必要な葉酸を食事ではしっかり摂れないため、サプリメントが推奨されています。

サプリメントの葉酸は、「合成葉酸」。とはいえ、サプリメントだけに頼るのは良くありません。天然葉酸と合成葉酸をバランス良く摂取することが大切です。たとえば、食事で240μgの葉酸を摂ったら、残りはサプリメントで葉酸を摂りましょう。

妊娠前と妊娠初期は640μgの葉酸が必要ですから、最低でもサプリメントで240μgの葉酸を摂るようにしてください。ただし、葉酸の上限は1000μgですので摂りすぎには注意しましょう。

葉酸摂取はできるが鉄、カルシウムの配合は少し足りないので、中期は食事からの摂取をメインに考えよう!

葉酸はサプリメントで十分摂取できますが、妊娠中は葉酸以外にも必要な栄養素がたくさんあります。特に鉄やカルシウムは不足しやすいので積極的に摂る必要があるでしょう。妊娠前と妊娠初期に葉酸を意識して摂ったら、妊娠中期からは食事も工夫しその他の栄養素もしっかり摂ってください。

葉酸サプリメントには葉酸以外の栄養素も含まれていますが、葉酸に比べ少ないので、やはり食事でバランスを取ったほうが確実です。鉄は、特にヘム鉄を積極的に摂ったほうが良いと言われています。

カルシウムは吸収されやすいので、ビタミンやミネラルなど他の栄養素と合わせて摂ることが大切。ちなみに葉酸の効果を高めてくれる栄養素はビタミンB12とB6と言われています。

産後・授乳中の摂取について

葉酸は妊娠後期から産後・授乳中にかけて少しずつ減っていきます。妊娠前や妊娠初期と同じ量は摂りすぎになってしまうので注意が必要です。妊娠後期は480μgが必要ですが、産後は340μgまで減ります。推奨量は変わらず240μgですので、この量は食事で摂りましょう。

一方でサプリメントなどの付加量は100μgで、400μg必要だったことを考えると、300μgも少なくなります。授乳中になると、280μgとさらに減ります。この量であれば、食事でも十分摂れる量ですが、食事ではなかなか吸収しないため100μg程度をモノグルタミン酸で摂ると良いでしょう。

また鉄は7.0~7.5mg、カルシウムは500~550mg必要になります。

厚生労働省は産後・授乳中の葉酸摂取も推奨!100μgだがサプリからの摂取が必要!目的は母乳を作るため。

葉酸は食事からの摂取が難しい成分です。そのため、先にも述べたように産後・授乳中でもサプリメントなどでしっかり補う必要があります。しかし、葉酸は妊娠前~妊娠初期では摂取量が変わってきますので、摂取量には十分注意しなければいけません。

産後は、340μgを目安に、食事やサプリメントなどから摂ってください。授乳中は100~280μgを食事やサプリメントで。できればサプリメントを意識して積極的に摂るようにしましょう。

なぜ授乳中も葉酸が必要になるのかというと、葉酸は母乳を作るために必要になるからです。母乳を通じて赤ちゃんにも栄養が届き、元気で健やかな成長が期待できるでしょう。

マカナは妊活から妊娠中期に特化したサプリメント!

マカナ

【makana -マカナ- 】オールインワン妊活サプリ[公式]

妊娠前や妊娠中、そして産後や授乳中の栄養をサポートしてくれる葉酸。いろんなサプリメントが売られていますが、なかでも多くのママに支持されているのが「マカナ」です。妊活から産後までママと赤ちゃんをサポートしてくれるので安心。

葉酸の働きをサポートする栄養素もバランス良く含まれていますので、妊活中・妊娠中・産後のママにはぜひ飲んでほしいです。ただし妊娠中や授乳中は体の変化が著しいので、不安な方はかかりつけの産婦人科で相談してください。

また、マカナは徹底的に安全にこだわったGMP認定工場で製造されています。放射能検査も実施済みですから、安心・安全。授乳中でも摂取できるのは、こういったこだわりが関係しているのでしょう。

まとめ

女性医師

いかがでしたか?妊娠を望んでいる方にとって、葉酸の必要性が分かったのではないでしょうか。日本はまだまだ葉酸が不足しているといいます。マカナには他の葉酸サプリメントにはない妊活中・妊娠中に嬉しい栄養素がギュッと配合されています。

厚生労働省が推奨している400μgの葉酸も含まれていますし、それをサポートする鉄やビタミンB群、亜鉛なども豊富に含まれていますので、妊活中の方や妊娠中の栄養にぜひ手に取ってみてください。

葉酸は、不足すると先天異常の危険性があります。なかには死産や流産の危険性がある神経管閉鎖障害もありますから、妊娠前から目安量をきちんと摂って妊娠の準備をしておきましょう。